読了「夏天の虹 みをつくし料理帖」高田郁

慟哭の一冊


人生の波の天辺と底辺

そんな感じの六巻、七巻。









○○ロス、と

好きなタレントさんや

登場人物の出番がなくなったりしたときなどに

よく使われるようになって

なんでもかんでも、

ロスってつければいいもんじゃないよね

と思っていたけれど、

今はまさに、小松原さまロスだわ。



小松原さま、かっこよすぎ!




夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫))
角川春樹事務所
2012-03-15
高田 郁


Amazonアソシエイト by 夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック